SOPHIEを紹介

いつも美しさを非常に好む家庭に生まれた私は、美しさを認識し、鑑賞する能力が身に付きました。
私は、育てられる過程で、マナー、ホスピタリティの芸術、優雅さと豪華さの規範、品質要件、サービスを学びました。

アーティスト、印刷業者(父親)、宝石デザイナー(母親)、画家(叔母)、ルーブル美術館で働いた叔父(修復家)、刺繍職人(祖母)に囲まれて育った私は、調和、色、素材に対する感受性を養いました。
私は、ほとんどの時間を田舎で過ごしながら、大工、家具職人、室内装飾業者、彫刻家、陶工、ボヘミアの枝編み細工の仕事を注意深く観察しました。
私は、手作業、木材パルプ製のミニチュアと、羽、革、リボン、クリスタル、真珠で作られたマスクの製造と販売に情熱を傾けました。

成人初期には、世界探検に出掛けました。
最初に訪問したアルゼンチン、ブエノスアイレス、マウポ劇場の屋根の下にある作業場では、重要な経験をしました。
私は、衣装の再利用、ダチョウの羽根の染色とブラッシング、マスクの製造に専念しました。
その後、Esmodを卒業したイタリア系アルゼンチン人デザイナーのファッションショーを手伝い、美容部門の視聴覚製品会社でアクセサリーデザイナーとして働きました。
米国に移住した私は、創造力を必要とする有名なオフィスで広告グラフィックデザイナーとして働きました。

他の文化を発見したいという熱意にあふれていた私は、インドと日本に住みながら、東洋の芸術と工芸に関する知識を豊かにし、信じられないほどに多様なセンスとイメージに接することができました。
私は、常に、オブジェクトを探すために、地元の中古市場とフリーマーケットを見て回りました。
私には、信じられないほどに無秩序に置かれた物の集まりの中で、思いも寄らない宝物を発掘できる才能と鋭い目があります。

私は、スタイルコンサルタントとして働いた後、プロジェクトマネージャーとして働きながら、現地と建設現場でプロジェクトを管理するこつを身に付けました。
私は、映画セットの専門家としての才能と、家具およびインテリアのデザインのために収集したリソースを十分に活用できる時期を迎えました。
独自の個性を持っている私は、自分の構想、経験、ノウハウを生かして優れたサービスを顧客に提供しています。

Sophie Dessallien

SoDessの意味

SoDessは、私の名前の最初の文字と姓の最初の文字の短縮形です。
SoDessは、私のサインであり、私が日本に住んでいた時に使った挨拶言葉(「そうです」)とも発音が似ています。「そうです」は、会話中に対話者の意見に同調していることを示す言葉です。
私は、お互いを尊重し、目標達成を証明することをビジネスの原則としています。